平穏死

在宅医療

読書メモ『エンド・オブ・ライフ』佐々涼子 

読書メモ『エンド・オブ・ライフ』佐々涼子(集英社) 2020年の「Yahoo!ニュース|本屋大賞ノンフィクション本大賞」を受賞した、佐々涼子さんによるノンフィクション。 看取りの実践者である看護師が、自らもがん宣告...
在宅医療

「痛くない死に方」はないと思う理由

『痛くない死に方』観てきました。後半の、宇崎竜童さん演じる大工の本多さんのエピソードは良かった。でも、前半は辛くて観ていられなかったです。主人公の医師が、自分の未熟さゆえに患者に「痛い死に方」をさせてしまうのです。とても酷い死に方を。その...
MONEY

「在宅ひとり死」は可能か(1)

「老後生活」をすっ飛ばして今どうしても気になって夜も眠れないレベルのテーマのひとつですが、結論はまだでていません。家で最期を迎えたいのはやまやまですが、最大のハードルはお金の問題です。 「在宅ひとり死」(©︎ChizukoUeno)...
在宅医療

読書メモ『痛くない死に方』

『痛くない死に方』長尾和宏 ブックマン社(2016) 『痛くない死に方』長尾和宏著 「痛くない死」とは、在宅療養を経た後にやってくる「平穏死」のことを言います。著者の長尾先生は、国民のおよそ8割が病院で亡くなっている現代、在宅...
タイトルとURLをコピーしました