朗報?年金制度改正により75歳まで繰り下げが可能に(その2)

おひとりさまの老後生活

それでは、おひとりさま女子の年金の繰り下げ受給について検討してみます。その前にまず復習。現在、65歳以降の年金を受け取る場合、66歳以降70歳まで繰り下げて請求することができ、70歳に繰り下げて請求することにより、最大で42%増額された年金を生涯にわたり受給することができます。これが、2022年4月からは、受給開始時期が75歳まで延長され、最大で84%の増額が可能になります。受給額の計算は以下の通り。

繰下げ加算額=(繰下げ対象額+経過的加算額)×増額率

※増額率=繰下げ月数×0.7% ただし最大42%

経過的加算額についてはここでは省略します。繰下げは月単位、実際には65歳以降であればいつの時点でも請求を開始できますが、年単位で計算します。

それでは、「繰下げ対象額」におひとりさま女子の受給年金額をあてはめるに際して、ここでは14万円とします。ただし、この額は必ずしもおひとりさま女子の平均というわけではありません。

厚生労働省によると年金の平均受給額はおよそ14万6000円ですが、男女の間に大きな差があります。男性の平均が16万3000円ほどであるのに対し、女性は10万2000円ほど。一方で、女性の厚生年金の加入期間には男性に比べ個人差が大きく、長く働いてきたおひとりさま女子の場合、女性の平均よりも多く受け取ることが推測されます。

おひとりさま女子であるわたしが受け取る予定の年金受給額が約14万円。もちろん、もっと稼ぎのよい方はいうまでもなく、非正規雇用の方もたくさんおり、平均的な数字とはいえませんが、あくまでおひとりさま女子のひとつの事例として、月14万円、年額168万円で計算します。

このように、65歳で受け取りを開始すると168万円の年金が、70歳まで繰り下げた場合は、42%増でおよそ240万円!75歳まで繰り下げると、84%増の300万円強!数字のインパクトが強烈過ぎて目が眩みようになりますが、落ち着きましょう。欲に目が眩むとはこのことです。

そもそも、繰下げ期間延長の背景には少子高齢化問題があり、その目的は、高齢者ができるだけ長く働くことにより、少子化による労働力不足を補いつつ、社会保険料と税金を少しでも確保することではないでしょうか。「人生100年時代」「ニッポン一億総活躍プラン」など、鼻息荒いスローガンのもと、政府は70歳までの就業確保を推進しようとしています。

しかし、人間にとってそのような生き方が本当に幸せといえるかについては疑問が残ります。個人的には75歳まで繰り下げる選択肢は「ない」と考えています。そのうえで、ではどの時点まで繰り下げるのがベストなのかを考えたいと思います。続きはまた書きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました